Architecture Civil engineering structure Inspection


AC構造検査株式会社



 新設構造体コンクリートの 非破壊検査       「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定」に対応しています。

【非破壊試験によるコンクリート構造物中の   
            配筋状態及びかぶり測定】
 【非破壊試験によるコンクリート構造物中の
            配筋状態及びかぶり測定】
【非破壊試験によるコンクリート構造物中の
            配筋状態及びかぶり測定】
コンクリート構造物内部の配筋状態及びかぶりを対象として、探査装置を用いた非破壊試験により測定を行います。探査装置は電磁誘導法及び電磁波レーダ法となります。それぞれに特徴があり、状況に応じた使用方法が必要となります。
データ画像 ≪電磁波レーダ法≫
データ画像 ≪電磁誘導法≫
【衝撃弾性波試験iTECS法による       
       新設の構造体コンクリート強度測定】
【外部供試体による新設の          
         構造体コンクリート強度測定】
【鋼製防護柵の根入れ長さ測定】
コンクリート内部を伝搬する縦弾性波の速度を測定することで、コンクリートの圧縮強度を推定します。
圧縮強度推定において、同一配合のコンクリートで円柱供試体を作製し、縦弾性波速度と圧縮強度の相関関係を把握しておく必要があります。
ボス供試体により強度を測定する方法です。
ボス型枠から採取した供試体により圧縮強度試験を行うことで、高精度の強度測定を行います。
構造体コンクリートとほぼ同様な環境・施工条件で作製されるため、コア供試体と同様な強度試験結果が得られます。
土中埋め込み式の鋼製防護柵における支柱の
根入れ長を非破壊試験により測定します。